FC2ブログ

記事一覧

FITS画像の処理の流れ

冷却CCDでの画像ファイルは、QSIではFITSファイルになります。画像処理の部分がかなり省略されているMaxIm LEしかないので、画像処理はSI6が主です。正しい処理方法については、わからないのですが、今回のナローの処理の流れは以下の通りです。①FITSファイルをSI6で開く(この段階では、とても暗く、星もまばらにしか見えません)②ダーク、フラット補正をします。それぞれのダーク画像、フラット画像を作成して準備が...

続きを読む

EF200でQSI

昨夜も煌々とした月が出ていましたが、透明度も良いし、週末ということで撮影練習をしてきました。だいぶん、QSIの使い方に慣れてきました。EFレンズとの相性も確認してみました。対象は、比較的明るいサドル付近の散光星雲です。もう提灯あんこうにしか見えて来ません。撮影データ:QSI583WS Baader H-alpha 7nm -15度でEF 200mm/F2.8 L 絞り 解放 12min x4, ダーク減算あり、周辺減光補正のみ(フラットなし)開放で、どうかな...

続きを読む

物欲の果ての冷却60D

この数ヶ月は、満足に撮影出来る夜がなくて、せっかくの観測小屋も使えぬままでした。その間の欲求不満から、LeeさんのところのAstro 60D(通称キムチ改60D)を先月ポチしました。予定よりも早く届けられました。円高の恩恵を受けてこれまでの40D, 50Dよりも安く入手できました。冷却60Dは、バリアングル液晶のために、Cooler部が背面にやってきます。このため、ダイレクトにCMOSを冷やすため、冷却能はこれまでよりもかなり...

続きを読む

QSI直焦点の練習

月齢10近いのですが、予報に反して晴れました。今日は、BORG77ED+F4DGの直焦点での撮影練習をしました。導入、フォーカス出し、構図確認をした後は、80分間の放置でした。少しガイドが流れているような気がします。速攻処理なので、大きくしないでください。ダークライブラリーがないので、一枚だけダークを撮って減算したら、黒点ができました。ダメですね。撮影データ:QSI583WS Baader H-alpha 7nm -15度でBORG 77ED+F4DG&n...

続きを読む

QSI H-alphaのナローでファーストライト

昨夜は、素晴らしい天気でした。短い時間でしたが、テストに出かけました。上弦の月のなか、QSIのH-alphaでのナローで撮影をトライしました。とりあえず、撮影したのは、IC1396でした。ダークなし、フラットなしの速攻処理です。撮影データ:QSI583WS Baader H-alpha 7nm -15度でVoigtlander APO-LANTHAR 90mm/F3.5 解放 10min x8なんとか写りましたが、やはりダークライブラリーやフラットをちゃんとしないといけません。H-alpha...

続きを読む

久しぶりの快晴

こんなに晴れたのは、本当に久しぶりです。12号台風が去って、秋の高気圧を運んできたようです。台風一過の快晴とはうらはらに、12号台風は大きな被害を残してしまいました。被災された地域の方々に心よりお見舞いを申し上げます。上弦の月も過ぎて、夜半過ぎないと月は沈みません。明日も仕事なので、無理は出来ません。でも、あまりに良い天気なので、今夜は冷却CCDのH-alphaでの撮影にチャレンジしてみます。この4ヶ月ほど、撮...

続きを読む

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者カウンター

月別アーカイブ