FC2ブログ

記事一覧

鷹の爪(Sh2-126)

とかげ座に広がる淡い散光星雲です。先週の晴れの日にチャレンジしました。透明度は抜群でしたが、翌日の仕事があるのと、時間的に西にかかってしまうので、冷却一眼で撮影しました。私の観測小屋からは、今シーズンのチャレンジはもう無理でしょう。淡いH-alphaなので、LPS-V3を使いました。そのため、少し赤ハロが出たのと、星の色がもう一つです。かなり、淡い難物であると、改めて思いました。来年は、冷却CCDで、淡い分子雲を...

続きを読む

木星と重なる対日照

昨夜は、素晴らしい好天に恵まれました。早めに仕事を切り上げて、観測小屋に行きました。条件は良いのですが、都市の光害の影響は避けられません。夜半を過ぎると、明らかに背景の空が暗くなってきます。翌日は当然仕事なので、最後に対日照を撮影して撤収しました。あまりの好天で、残念で仕方ありませんでした。今年のこのシーズンは、木星と対日照が重なっているようです。淡い光芒なので、条件は良くありませんでした。肉眼で...

続きを読む

観測所にネームプレートを

ほんまかさんにいただいた、ネームプレートを観測小屋の入り口のドアに貼り付けました。やはり、かっこよくなりました。画竜点睛とは良く言ったものです。こんなささやかな観測小屋ですが、きちんとしたネームプレートで少しグレードアップした気分です。観測小屋内部はこんな感じです。100Vが自由に使えるので、EM200のコントロールには、中古のDELL OPTILEX745というのをヤフオクで入手。Pentium D 2.8GHz Memory 2GBで運用し...

続きを読む

Samyang 24mm/F1.4

Samyang35mmが思いの他、とても良かったので、次の24mmに期待しています。既に8月に、スペックなどが発表され、年末から来年初めに発売されるとのことです。EDガラス4枚、非球面レンズ2枚を配したレンズで、高性能な設計となっていると思います。Canonの24mm/F1.4 Lは20万くらいするはずですが、Samyangは、手の届く範囲になってくれるはずと期待しています。国内への導入は半年遅れくらいみたいなので、来年の夏を楽しみにしてい...

続きを読む

ケフェウスのH-alpha領域

今夜も天気が良かったので、仕事を終えてから、少し時間がとれたので、Samyang 35mmとLPS-V3の相性を確かめてみました。LPS-V3はH-alphaを強調するのには、強力なフィルターですが、露出がかなり長くなるので、明るいレンズが有利です。広角レンズでは、色ムラや色ずれを起こしやすいので、相性を確認してみる必要があります。Samyang35mmとの相性はそれほど悪くありませんでした。ケフェウスの赤い星雲を強調してみました。暗黒星...

続きを読む

Samyang 35mm/1.4は良かったです

昨夜、月の出までの間に、この間入手したSamyang35mmをテストしました。コマ収差のとても少ないレンズで、周辺像まで星が丸いのが印象的です。絞りF1.4だと星が肥大して、ハロが大きくなります。F2だとかなりましとなり、F2.8で実用になります。ハロが気になるので今回は半絞り絞ったF3.4で撮影しました。コンポジットして、レベル調整のみの画像です。少し大きめの画像です。星像の良さがわかるかと思います。60Dで撮影しましたが...

続きを読む

ほんまかさん、ありがとうございます。

今日は、日曜で久しぶりのオフとなりました。ゴルフの日本オープンを見ながら、まったりとした午後を一人で留守番をしていましたら、ピンポンが鳴り、EXPACKでした。何かと思ったら、ほんまかさんからの観測所のネームプレートのプレゼントでした。とても、綺麗に仕上げていただき、感激しました。ほんまかさんには、星ナビの「ネットよ今夜もありがとう」のときのリレーで、たまご屋さんからひきついで、次は誰と思ったときに、真...

続きを読む

当たりかはずれかSamyang35mm/F1.4

昨日注文していた、Samyang 35mm/F1.4が届きました。まず第一印象は、大きくて重いレンズです。たくさんレンズがつまっているのだと思います。その分性能が発揮されるとうれしいのですが・・・手持ちの35mm/F2レンズと比較してみました。左端のレンズがSamyangです。赤い線が、高性能を予感させてくれるのですが、どうでしょう。あとのレンズは左から、Pentax FA, Ai NIkkor, Zuikoで、右端はEF35mm/F2です。レンズ沼に陥った、私...

続きを読む

連休あれこれ

この連休の西日本は、すかっとした抜ける青空ではありませんでした。黄砂なのか、中国からの粉塵なのか、昼間は近くの山も霞むような状態でした。しかし、約束のように、月の大きな時期の好天週末ということで、夜は撮影テストにはちょうど良い夜でした。ジャコビニ群は、やはりタイミングが合わず、あまり流れなかったようです。世界的にはどうだったのでしょうか?月齢11の夜に広角(16mm魚眼)で、北天を冷却CCDで撮影した画像で...

続きを読む

Comet Fileで掲載してもらいました

今月号の天文ガイドのComet Fileで、8月に撮影したガラッド彗星を載せていただきました。この夏場に少しだけ撮影できたもので、応募できそうなものはこれ1枚だけでした。なので、掲載していただけて、ほっとしました。実は、直焦点での撮影したものが採用されたのは、これが初めてとなります。また、観測小屋からの作品での採用もこれが初めてです。そういう意味で、感慨深いものがあります。もし、この作品が採用されたら、観測小...

続きを読む

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ