FC2ブログ

記事一覧

ブログ紹介

2019年7月30日記事更新

ヤフーブログを2006年11月に開始したのですが、2019年末でヤフーブログが中止となり。FC2ブログに移行しました。
ヤフーブログではハンドルネームのNIKON1957でしたが、ニコンの回しものというわけではありません。この天文趣味にはまるきっかけとなったのが、①ニコン7x50の双眼鏡②ニコン8cm赤道儀③Nikonmat FTnの3つになるからです。
①は今からはるか昔の1971年に火星大接近がありました。そのときに、兄の知人に双眼鏡で見せてもらった夏の銀河に驚愕しました。まずそこで天文趣味を始めるきっかけになりました。
②のNikon 8cm赤道儀は、高校のサークルにおいてあった機材です。これで、赤道儀の使い方を学びました。大変良い望遠鏡でした。
③のNikomat FTnは、親に無理を言って買ってもらった一眼レフです。当時でも、結構高価なカメラでした。良く買ってもらえたと感慨のあるカメラです。これで、天体写真にはまりました。

その後、しばらくの休止期間の後、天文写真に再度目覚めて始めたのがこのブログになります。

もう一つのブログと平行してやっています。
アサヒネットのほうのアサブロのタイトルは
石鎚の西側で星を撮っています」になります。訪問者は少な目ですが、こちらも楽しくやらせてもらっています。

主な撮影対象は
魚眼での銀河や対日照
望遠での暗黒星雲、散光星雲
その他天文イベントとなる
彗星、新星、日食、月食など

撮影はシャープな光学系で撮影したいといつも願っております。

星の撮影が好きなのか、シャープな光学系でとらえるのが好きなのか、判然としないときもありますが、自分の撮りたい対象を選んでアップしております。出来の良いもの、悪いもの、気にせずにアップしています。

そんな中で、条件の良い四国の空で撮影できた作品は、気にいっています。
気楽にコメントをいただけば、うれしいです。

現在の主な撮影機材 (2018.11.11現在)
【赤道儀】
Vixen ATLUX(初期型、AGS-1S改造)
TAKAHASHI EM200 (K-ASTEC AGS-1X改造)
Vixen GPD (K-ASTEC BLD AGS-1S改造)
Vixen GP2 (SS-1 AutoguiderPro仕様に改造)
Vixen SP (DD-2) Guide Pack仕様に変更
K-ASTEC GF-50
SkyMemo NS
タカハシ V-1(SS-one二軸駆動改造)
SkyMemo S
【鏡筒】
屈折系
BORG125SD
BORG100ED
BORG 77EDII x2
BORG 60ED
WO Star71
反射系
GS-200RC
TAKAHASHI ε-130D
TAKAHASHI ε-160
VIXEN R200SS
【補正レンズ】
BORGF4DG
BORG0.85XDGL
BORG0.78XDGT
BORG0.85XDG
TAKHASHI C0.72X
Astrophysics CCDT67
VIXEN コマコレPH
【オートガイド】
主にPHD Guiding使用
BORG50 + QHY5L-II
PencilBORG + DSI-Pro
M-GEN + Kowa75mm
SS-one autoguider + ASI220MM
【カメラ】
EOS 6D (SEO-SP4改)
EOS 6D (SEO-Cooled)
EOS 6D (Starshop新改造)
EOS 6D (HKIR改造)
EOS 60D (Central DS改)
NIKON D810A
【冷却CCD】
QSI583WS
【カメラレンズ】
魚眼
Canon EF Fisheye zoom 8-15mm/F4L
広角
Samyang 14mm/F2.8
Samyang 35mm/F1.4
Canon EF35mm/F1.4 L II
標準
Micro Nikkor 55mm/F2.8
SIGMA 50mm/F1.4 DG Artline
Tamron 45mm/F1.8 Di VC USD
準望遠
SIGMA Macro 70mm/F2.8
SIGMA Macro 70mm/F2.8 Art
Voigtlander APO LANTHAR 90mm/F3.5
Zeiss APO Sonnar135mm/F2
Samyang 135mm/F2
望遠
Voigtlander APO LANTHAR 180mm/F4
Canon EF200mm/F2.8L
APO Sekor 250mm/F4.5
 


スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
お気に入りに登録させていただきました
いつも撮影機材 処理など勉強せていただいていますので
これからも宜しく更新お願い致します

No title

ミュートンさん、こんにちは。素晴らしい惑星や月の撮影をされておられますね。こちらの方の知識は乏しく、なかなか手が出ませんが、また勉強させていただきたいと思います。
こちらこそ、宜しくお願いします。

No title

はじめまして。 トライアルな内容が多く、いつも勉強させて頂いています。
今はGS200関連の過去記事を見てレデューサ何がいいのかなと思案しております。(夜のおひさまというブログを最近始めました)
はじめてなのに恐縮なのですが、教えて頂きたい事があります。GS200-RCとF4DFGの組み合わせってテストされてましたでしょうか。未知の組み合わせなら一度トライしてみようと思っています。もしよければ教えてください。

No title

kfu*um* さん、はじめまして
GS200-RCと屈折用のReducerをいくつか試してみたのですが、なかなか満足のできるものを見つけることができませんでした。F4DGについては試したことがありません。このReducerは、鏡筒の焦点で、調節リングを変更する必要があり、使えるかもしれませんが、最適の組み合わせを探るのは、理論のない私には難しいと思いやっていません。

No title

お返事ありがとうございます。 私も理論はわかりませんが(^^;;、BORGのF4DGに関するサイトを見ると、調節リングの推奨組み合わせは、焦点距離が延びる(750mm~)とREARは追加しない、FRONTは追加する方向(1600mmなら5mm~)でどうだろうかと仮説を立ててみた次第です。取り付けリングの関係ですぐには無理ですが、いつかテストしてみたいと思ってます。

No title

GS200-RCにF4DGを取り付けできたとしてもピント出ないようです。
先程確認しました。お騒がせしました。(^^;

No title

kfu*um* さん、おはようございます。
GS200-RCとF4DGの件、残念でしたね。これからの春には、長焦点でないと、どうにもならない対象が多いので、もし使えるならと思いました。メーカー純正のパーツでなくても、相性の良いものがあり、面白いのですが、これを確認するのは大変です。お疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ

このページのトップへ