FC2ブログ

記事一覧

フルサイズでBORG125SD+F4DGのテスト

先週末は、とても多忙でした。
好天に恵まれましたが、撮影はほんの少ししかできませんでした。
前回BORG100EDでIC2177を撮影しましたが、旧型の組み合わせの限界を露呈する結果となりました。この組み合わせで撮影することは、もうないと思います。

というわけで、BORG125SDで同じ対象をテストがてら撮影しました。
私の持っているBORGの鏡筒で、ハイエンドの組み合わせとなるBORG125SD+F4DGですが、やはり良い結果となりました。
周辺減光が大きいものの、星像はフルサイズでも4隅まで綺麗です。
以下の写真はCS6でRAW現像したものです。




SI7での周辺減光の様子です。同心円状の減光で、光軸も大丈夫と思われます。



ピクセル等倍画像です。



周辺減光はきつめですが、487mmF3.9というF4を切る明るさは、なかなか良いと思います。フラットを作成して、暇なときに画像処理してみます。
他のReducerや1.08Xフラットナーの相性もみたいところですが、なかなか撮影時間がありません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

フルサイズでこの明るさでこの星像はかなりいけてますね。これからの活躍が期待される機材で何よりです。
あとは時間と天気がよいといいですね!
clear sky!

No title

フルサイズのピクセル等倍でこの周辺星像は素晴らしいですね。
やはりF4DGはお値段が張りますが投資のし甲斐があるのですね。

No title

NGCさん、フルサイズでの初めてのテストでしたが、良い結果となって、ホットしています。APS-Cでも良かったのですが、これで安心して使えます。
PM2.5が昨日は酷かったですね。これから春に向けて、かすんだ空に悩む日が増えそうです。

No title

シュミットさん、おはようございます。
ボーグのReducerで良いと思うのは、0.85DG、0.85xDGL、F4DGの三つです。特にF4DGは、お値段なりの性能だと思います。
タカハシなんかの作りとは違いますが、組み立てたり組み合わせたりという部分で、苦労と楽しみがあります。

No title

この組み合わせはフルサイズでも周辺までバッチリですね!
私は今、柴田さんと一緒にFLT110+F4DGの接続リングを検討してますが、この星像のように綺麗になる事を期待しています(^_^)

No title

ダイナさん、こんばんは。
この記事は、ダイナさん向けかなと思い書きました。
このReducerは、色々な鏡筒をグレードアップしてくれます。接続リングも、しばたさんなら、きっちりとしたものを作成してくれると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ