FC2ブログ

記事一覧

BORG60ED + C0.72Xでオリオン

今シーズン初のオリオンです。
BORG60EDにタカハシのReducer C0.72Xを装着して撮影しました。
350㎜x0.72=252mm/F4.2となります。フルサイズでいくと、結構広く撮影できます。
EF200mm/F2.8Lよりは、シャープで、ハロは少ないと思います。

薄明までの残り少ない時間での撮影でしたので、データ的には少な目で、強調は控えめにしています。
もう少しハロの出方の少ないお手頃価格の200㎜程度のレンズが出るとうれしいのですが・・・



撮影データ: Canon EOS6D(SEO SP4) ISO1600 
BORG60ED + タカハシC0.72X 5min x5 気温16度
ATLUX赤道儀(K-ASTEC AGS-1S改)
Famisco60改+QHY5L-II で PHD Guiding
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正後→CS6で仕上げ

追記
異種接続の概略です


BORGにC0.72Xを接続するためには、M57(オス)-M56(オス)変換リングが必要です。
そのままタカハシのマウントアダプターをつけると、BORG60EDには、光路長が長くなりがちで1mm程度短縮できるEOSマウントを探す必要があります。中華製の接写リングのマウント部は、M60接続光路長5mmです。これが、最も安くなります。これにM52(メス)-M60(オス)のアダプターを特注しました。光路調整リングで、最適位置を探ります。純正リングよりも1mm短縮でおおよそOKとなりました。、
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

子供が小学生のとき、Z会のキョウザイデ一緒に勉強していました。理科の星座で、オリオン座が出てきて「ミンタカ」と記載がありました。そのまま読むと、中央の三ツ星をミンタカとせつめいしていたので、私も息子もそう覚えてしまいました。しかし、ミンタカは端の星の名前なのですね。しかし、中学入試に出題されることはありませんでした。

Z会に連絡しておく方が良かったかなと思ったりします。

No title

NISDSさん、こんにちは。
三ツ星は、大変目立つ星の並びですよね。向かって左から「アルニタク:1.78等星」「アルニラム:1.70等星」「ミンタカ:2.20等星」となります。リゲルとベテルギウスは、学校でも習うと思いますが、三ツ星の星の名前までは、中学入試に出ることはないと思います。もし出たら、その学校に、星オタクの理科の先生がいると思います。

No title

私は60EDと7885(0.85X)の組み合わせですが、この前の撮影ではモザイクが上手く繋がりませんでした。
鏡筒を買い換えようかと思ったけれど、フルサイズでこれならC0.72Xを買った方が良さそうですね。

No title

GENTAさん、こんばんは。
フルサイズ周辺では、少し星が伸びていますが、おそらくはバックフォーカスの問題が少し残っているのだと思いますが、許容範囲内と思います。200mm~250mmくらいで使えるレンズとして、BORGの55FLに未発売ですが、専用のReducerが出るみたいです。注目はしているのですが、最近のBORGは、イマイチの感がぬぐえません。

No title

BORG60ED+C0.72は写真鏡としても十分な性能が出ていますね!接続はどのようにされているのでしょうか?ガイド鏡にしかならないかと思ってお蔵入りさせて来ましたが私の60EDももう一度復活させてみたくなりました。

No title

この組み合わせは、フルサイズでも、素晴らしい作新ですね。たしかに200~250mmくらいで、性能の良いお手軽なレンズが出て欲しいですね。
55fL+新RDが、期待とおりの性能を出してくれると良いのですがね。

No title

シュミットさん、こんばんは。
追記記事を作成しました。
60EDを持っていたので、思考錯誤しながら、接続しました。2つほど、特注リング(コスモ工房さんに頼みました)が必要です。最終的な光路調整は、試写で合わせる必要があります。

No title

いーぐるさん、こんばんは。
この異種格闘技の組み合わせでも、フルサイズまで使えました。少し本格投入には、時間を要しました。
200~250mmの焦点の良いお手軽レンズは、今のところありません。55FLの記事を見ると、期待するところはありますよね。

No title

詳しい接続図の解説有り難うございます。やはり特注品が必要なんですね。コスモ工房さんには良くお世話になっているので、私もちょっと参考にさせて頂きます。

No title

シュミットさん、特注リングが必要ですが、純正のワイドマウントと比べ、そう大きな差はありませんでした。

No title

内緒さん、そうでした。訂正しておきました。

No title

内緒さん、チャレンジしてみてください。
C0.72XとBORG60EDのバックフォーカスの最適化ができれば、けっこういける組み合わせになると思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ