FC2ブログ

記事一覧

ダメだったガクルクスチャレンジ

今年の連休前半は、西日本は好天に恵まれました。
とは言え、土曜も半日仕事があり、本日(月)もカレンダー通り仕事があるので、なかなか思う存分とは行きません。
土曜の夜は、遠征に出かけました。本当は金曜の夜のほうが透明度が高くて良さそうでした。

この時期には山の上まで出かけます。
今回の目的は、ガクルクスとさそり座でした。
遠征の友は、ポータブル赤道儀と改造V-1の予定でした。山の上は気温10度くらいでした。夜半過ぎには8度くらいまで下がりましたが、過ごしやすい状況でした。V-1を組み上げようと思い、赤道儀と三脚の接続ネジを探すも見あたらず、自宅に忘れてしまっていました。かなりがっかりしたのですが、カメラレンズのみでの撮影としました。

しばらくすると、若い人がミニバンに乗って数人で昇ってきました。挨拶にきてくれて、大学の天文研の後輩と判明しました。今日の空は、超低空はイマイチだけど、天頂付近はかなり良いと思うと伝えました。

さて、目的の一つの南十字の北端の星のガクルクスですが、アケルナルとほぼ同じくらいの高度です。大気差で見える星になります。この夜は低空のもやが多くて、ダメでした。
ω星団やNGC5128は余裕で見えていました。


撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
Voigtlander 90mm/F3.5 絞りF3.5   2min x4 
K-ASTEC GF50 ノータッチガイド
RAPでダーク補正→SI7で周辺減光補正、かぶり補正→CS6で画像処理

その後月の出までさそりを撮りました。
一枚画像ですが、当夜のさそりです。連休中にまじめに処理してみます。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ω星団が余裕で見えるなんて、凄い!!
それに1枚モノとは思えない、サソリも素晴らしい。
このレンズなかなかよさそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ