FC2ブログ

記事一覧

台風一過でテスト

足早に過ぎた台風18号でした。日本海を東に進み、水曜夜には当地では晴れ間が見えました。平日ということと、山際でのお天気の不安定さから、撮影に行くのは見送ったのですが、この夜の透明度はきわめて高かったです。自宅からでも、オリオン座が大変綺麗でした。
翌木曜になると、透明度は少し低下してしまいました。少しやる気が削がれたのですが、8月末に撮影に失敗してから、しばらく撮影できない日々であったので、テストだけでもと、出かけました。

撮影小屋のPCをWindows 7の64bitにして、HDDの代わりにSSDに換装しました。そこに、PHD、PHD2, BYEをインストールし、SuperStar Vの誤作動もなくすようにしておりました。ようやく実戦に用いることになりました。画像処理から退役させたCoreDuoのPCですが、通常の使用にはまずまずで、Memoryも8Gでいくつかソフトを立ち上げてもエラーが起きずに良かったです。BYEのほうは、正規ライセンスを購入したのですが、2台のカメラコントロールにはClassic Editionではなく、Premier Editionのほうが良かったかもです。APTも試してみるつもりですが、テスト撮影できる夜も少なくて、思い通りになりません。

もう一つの目的は、私のメインの鏡筒の一つのBORG77EDII+F4DGですが、ヘリコイドMで重いSeo Cooled 6Dが耐えてくれるかのテストでした。

PCのほうは、まずまず問題なく動作してくれたのですが、QHY 5L-IIがPHDで上手くコントロールできず、PHD2でガイドができるという変な事になりました。PHDのバージョンが少し古かったのかもしれません。
BYEでWifi 経由の6Dのコントロールは問題ありませんでした。

さて、COOLED 6Dですが、やはり重くてフォーカスリングが渋くなりました。
テストには昇ってきたすばるとしました。


この拡大ではスケアリングの問題はなさそうにみえますが、
等倍だとこんな感じです。画面右が少し甘いかなと思います。




冷却改造前のSEO-SP4だとこんな感じです。



冷却改造すると1.5kgほどになり、ヘリコイドMでは少し重すぎるのかもしれません。ヒップサポートを考慮しないといけないかもです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

撮影インフラ一新ですね。
6Dのwifiコントロールはやってみたい気もするのですが、コンサバな私はしばらくはUSBで。
冷却6Dは1.5kgですか・・・・やはりヘリコイドでは厳しいですね。ヒップサポートも360度サポートしなければいけないので大変そう。
フェザータッチフォーカサーだとどうなんでしょうか?

No title

マルさん、こんばんは。
6Dのwifiでのコントロールは、安定しており、大変快適でした。ディザーガイドBYEやAPTで実現できて良かったです。
twinの77ED+F4DGですが、一本はこれまで大変良い星像だったので、組み合わせを変えなかったのですが、今回の結果から、フェザータッチフォーカサーとの組み合わせもありかと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ