FC2ブログ

記事一覧

空の力

天文ガイド9月号に、オーストラリアで撮影した銀河の写真を採用してもらいました。

南半球でないと撮影できない銀河中心が天頂にきたところを円周魚眼で撮影したものです。今回絶対撮影してみたい対象の第一でした。良い空、良い撮影地、加えてそこへ連れて行ってくれた方のおかげです。改めてお礼を申し上げます。
この撮影や処理は極めてシンプルなもので、空の力のおかげと感じました。

南天では、限られた機材、不慣れな環境で撮影をすることになりますが、今回の経験は大変貴重でした。自分の年齢から、今後何回遠征できるかはわかりませんが、機会があれば、リピーターとして撮影に是非行きたいと強く思っています。



今号には、一緒に遠征したYさん、N本さん、N村さんの作品も掲載されています。大変うれしく思いました。
また、GENTAさんが愛媛まで遠征して撮影された「おおかみ座の暗黒星雲」の作品も掲載されており、この号はうれしさ3倍です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

入選おめでとうございます。
撮影したてホヤホヤのデーターを見させていただきましたが、空の違いをまざまざと感じました。
私も撮影地を教えていただいたおがけで、なんとか掲載して貰いました。PM2.5が酷かったとはいえ四国の空も当地とは違います。11月あたりに、また行けたらなぁと思っています。

No title

GENTAさん、ありがとうございます。
その節は、おかまいもできず、失礼いたしました。
せっかく来ていただいた四国で、成果なしの手ぶらにならなくて、良かったです。秋の好天の時期は、是非ご一緒できればと思います。
来年も、南天には行く予定なので、また色々とチャレンジしてみたいと思います。

No title

天ガ入選、おめでとうございます。
バンビが天頂に来る天の川、日本では見られない星空をフィッシュアイで見事に捉えた素晴らしい作品ですね(^-^)

No title

ダイナさん、ありがとうございます。
さそりが頭上高いところにきて、正直なところ構図合わせに苦労します。贅沢な悩みですね。円周魚眼撮影は素直にカメラを上に向けるだけなので、フォーカスさえ大丈夫ならば、後は画像回転も気にしないでもOKで楽でした。日本で、円周魚眼で撮影できる場所や好条件の夜は、本当に少なくなっていると思います。

No title

遅くなりましたが、天文ガイド入選おめでとうございます。
天の川が濃くてまるで銀河を横から見ているようです。
さすがオーストラリアの空ですね。

No title

> カムイミンダラさん、ありがとうございます。
地球からの天の川の全景をエッジオンで見た感じかと思います。オーストラリアならでは、天の川だと思います。実際、肉眼でもこれに近いイメージでした。来年も見にいくつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ