FC2ブログ

記事一覧

SS-one Autoguiderで撮影

お天気の都合などで、なかなか実戦投入できなかったSS-one Autoguiderでしたが、1年遅れで、ようやく使う機会を得ました。SS-onesショップをのぞくと、フルバージョンのものはSOLD OUTで、Lightバージョンのみが販売されていました。

このAutoguiderの特徴は、スタンドアローンタイプで、色々な付加機能があります。電源はUSB5Vとなります。いつもはM-GENやPHD+QHY-5L IIを使っていますが、M-GENと同じくらい小さいのでサブとして使えるようにしました。
Guide CameraはASI 120MMで、ほんまかさんのところから四角いのを買いました。SS-one original cameraは、感度が低いのと、ガイドポートが無くて、配線が増えるので、ボツにしました。ガイドはCマウントの50mmレンズを用いました。マニュアルを十分読まないのは、悪い癖なんですが、初期設定をした後は、なんとなく使えました。135mmのガイドでしたが、まあだいたいOKと言ったところでした。初期設定を少し変えるともっとよくなるかと思います。
今回これを持ちだしたのは、シャッターケーブルが2本使えることで、夏場のノイズに強いCooled 6DとD810Aをツインでデザーガイドで使うためでした。これも普通に使えました。

撮影風景です。



ガイドのほうは、こんな感じです。



とりあえず、6Dでの撮影したものをアップします。条件がもう一つだったので、できはイマイチでした。
北アメリカとIC1396の間を撮影したものです。


撮影データ:Canon EOS6D(SEO Cooled) ISO1600 
APO Sonnar 135mm 絞りF2.8 2.5min x16 南北モザイク(total 80min)
ATLUX (AGS-1S) SS-one Autoguider + ASI120MM + 50mm Cマウントレンズ Dether 6
RAP2でDARK&FLAT補正→CS6でTIFF化→SI7でコンポジット→CS6でPhotomergeと仕上げ

以下は自分の覚えです。
Paremeter 
Brightness/Contrast → 5/3
Star bright level → 0
Guide Parameters
→ RA/DEC Threshold 0.2 精度を上げたいときは0.1もしくは0
→ Sense Auto もしくは Fixにして0.4 暴れるときは値を小さくする
Moving Average N 初期値:Count 3, Ratio 0.5

Guide Port: ASIカメラのとき、Camera ST4
Calibration Step ~100mmまでは3000ms、長くなれば1000~3000mmへ

Enable Binnig
Gain 25, Exposure 1/2sec, Gamma 5, StarGain 2
No Starのとき、Exposureを延長、Star Brightnessを上げる

Detherの移動量は50mmでは2くらいか?
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ