FC2ブログ

記事一覧

Ballandean遠征2018 最終回

今回の遠征記も最終回となります。

Ballandean遠征 6日目 16日(水)
早朝5時10分に起床、顔を洗い身支度をする。ようやく東の空が白々と明けてきた。最終日は終夜、快晴の夜であったようだ。気温は2,3度と冷え込んでいるようであった。

寝る前にパッキングしていた荷物を積み込む。予定どおり6時に出発となった。帰り道の途中まで、運転を担当する。交通量は少な目で、直線路が多いが、カンガルーなんかが出てくる可能性もあり、気をつけて運転する。隣に座ってくれたO氏と、あれこれと話をしながらで、眠気は来なかった。Ipswich付近まで、運転して交代した。Brisbane近くの高速では、分岐があり、間違えそうなので交代してよかった。9時30前に空港へ到着して、レンタカー返却。

カンタスのカウンターで自動チェックイン。手順は簡単で、比較的楽にできた。荷物を預けたが、重量はいずれも23kg制限をクリア。羽田でピックアップとなる。

帰りのブリスベン-シンガポール便は空いているうえに、シートピッチの広い機体で、快適であった。オーストラリアの空は、大変綺麗で遠くまで見通せた。

シンガポールで3時間余りのTransitであったが、それほど待った感がなかったのは、みんなでいたためと思う。夜の羽田までのJAL便は結構混んでいた。隣もいたが、JAL便はエコノミーでも結構広い。疲れもあり、そこそこ寝る事ができた。

Ballandean遠征 7日目 6月17日(木)
朝の5時45分くらいに羽田に到着。その後入国手続きを済まし、預け入れ荷物を受け取る。時間はそこそこかかる。税関審査を終えて、ロビーに出る。国内線へ乗り換えであるが、税関を抜けてすぐ右手にある国内線乗り継ぎカウンターで荷物を預ける。この時点で、荷物の再チェックなし。その後、セキュリティゲートを通り、国際線から国内線への連絡バスで第2ターミナルへ移動。7時過ぎに松山行のゲートに到着。余裕を持って乗り継ぎできた。
松山空港まで家内に迎えてもらい、無事自宅に帰りついた。あっという間の1週間であった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ