FC2ブログ

記事一覧

大マゼラン雲

南天にいくと、この星雲が天の南極の周りをぐるぐる回っています。雲の様に見えるので、この名がついているのですが、実際にみてみると納得です。
思ったよりも広がりがあるのようなので、90mmで撮影しました。淡いハロのような拡がりがあるように見えます。もう少し粘って撮影すべきでした。

VK90F35_LMC?201801408
撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 Auto WB
Voigtlander 90mm/F3.5 絞り解放 HEUIB-II使用 4min x18 (total 72min)
K-ASTEC GF-50 ノータッチガイド
気温18℃くらいか?
RAP2でFLAT→CS6でRAW現像後TIFF変換→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調処理
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちわ(^^)/
大マゼラン雲。もちろん見たことないですが、名前からも星雲のイメージが強いです。でも、こうして見てみると棒渦巻銀河だというのが見てとれます。
90mmでここまで写るとなると実際の大きさもさぞかし見応えがあるのでしょうね(*´ω`*)
素晴らしい写真ありがとうございます(*´ω`)

No title

見事な大マゼラン雲ですね!星がシャープで見ていて気持ちが良いです。
Google Skyの赤外画像で見てもこの周辺には取り巻く物質があるようですね。
確かhanaさんが撮影して天ガ最優秀に選ばれていたように思います。

No title

ハチベエさん、こんにちは。
南天では、大マゼラン雲は、すぐにそれとわかります。ぼーっとしていて、明るい部分が見えているだけですが、けっこうサイズもありますよ。

No title

RUKUさん、こんばんは。
マゼラン雲の周囲のハロや分子雲の画像を探すと、けっこう広く淡い広がりがあるようです。露出時間を倍くらいにするともう少しノイズが減ると思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ