FC2ブログ

記事一覧

エビ星雲(IC4628)再処理

非常事態宣言の自粛のなか、連休後半の始まりです。今日午前中は仕事していましたが(この時期大変ありがたいことです)。午後から連休に突入です。
先週末からの晴天続きの夜も、体調保持と自粛との関係で、撮影に行くこともなく、早寝早起きの日々でした。
こういうときは、画像処理をして気を紛らわすのが良いです。
特に新しい、テクニックがあるわけではないのですが、背景のかぶりを整えたり、彩度をアップしてみたり、DeNoise AIやStarnet++を試してみたりと、あれこれやってみました。
ノイズを消すと、細部が無くなるという、諸刃の刃でどこまで使うかの手加減が必要だと思いました。できることならば、十分なデータを元にして、画像処理するのがベストという基本になります。

今回処理するのは、さそり座の低いところのエビ星雲付近です。肉眼では赤い星雲は見えないでのですが、ここは双眼鏡で見ると、NGC6231などの散開星団が宝石のようにみえて大変きれいです。今回は星色を残すべく処理しています。

2017年5月に初めて豪州遠征したときに撮影したものになります。
77EDII_ebi_20170528_small2.jpg

星雲や暗黒星雲に名前を入れています。
77EDII_ebi_20170528_Tag.jpg
Dark Towerの色にそそられます。
Gum55(RCW113)の南部の名もない暗黒帯のなかに複雑な淡いガスと暗黒星雲があります。
こんなところに萌えてしまいます。
また、豪州でしっかりと撮影したいと思う領域です。早くコロナが終息して、安心して海外遠征に行けるようになればと思う今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ