FC2ブログ

記事一覧

Sh2-140付近の散光星雲と暗黒星雲

10月に撮影したのですが、色々とあって処理が遅れていました。

ここは、以前から気になる領域でした。何度か撮影したのですが、満足に撮影できたことがありません。今回は、BORG77ED-IIのツイン撮影でした。片方は、HEUIB-II, 片方はLPS-D1での撮影でした。フィルターのおかげで、赤い星雲は良く出てくれるのですが、青い成分は写りが悪くなりました。デジカメで、綺麗に描写するのは、やはり難しいです。B77#1_Sh2-140_HEUIBIIPlusD1COMBINED_20201018_small2
撮影データ:
#1 EOS 6D (SEO SP4) ISO 1600  
BORG77ED-II +F4DG + HEUIB-II filter 6min x 16 (Total 96min)
#2 EOS 6D(Starshop新改造) ISO 1600
BORG77ED-II +F4DG + LPS-D1 filter 6min x 16 (Total 96min)
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温7℃
#1,#2の画像をRAP2, SI7, CS6で強調処理、ブレンド比率を#1を50%、#2を50%で合成

淡い対象ですが、色々なものが写っています。わかる範囲で、同定しました。
B77#1_Sh2-140_HEUIBIIPlusD1COMBINED_20201018_Tag

今年はコロナに始まり、コロナで終わる一年になりそうです。
日々、睡眠不足にならないように気を付けています。そのため、遅い時間の撮影はしていません。11月は、けっこう忙しくて、ほとんど撮影できませんでした。12月にもチャンスは何度かあったのですが、自粛中です。
地方では、大都市圏の様な多くの患者が発生することはありませんが、地方都市にもじわじわと感染者が増えています。この年末年始は、どこへも行かず。子供たちも帰省せず、自粛生活になりそうです。
ストレスのためや、予定していた海外遠征が中止となり、少し物欲モードになっています。
当初は、ミラーレス一眼カメラを考えていたのですが、デジカメでの撮影には少し限界を感じています。冷却CCDカメラとしてQSI583WSは持っていたのですが、撮影時間が十分とれず、死蔵状態でした。ミラーレス一眼カメラの代わりに、最近はやりの冷却CMOSカメラを買う気になっています。センサーサイズが同じフォーサーズのASI294MMに傾いています。2x2ビニングでの1170万画素の撮影に加えて、1x1ビニングで4680万画素でも撮れるとの事で、高解像度の写真を撮れるとの情報にそそられています。フィルターも手持ちのもので、賄えるのも良さそうです。まずは、ASI AIR PROを導入しました。
今年も残すところ、半月となりました。健康に留意して、来年も元気で撮影できるようにと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ