FC2ブログ

記事一覧

2020年の反省(撮影編)

2020年の撮影回数は例年に比し、少なくなりました。
コロナ拡大の影響で、海外遠征のキャンセル、母の死去による影響などです。
2月と3月の新月期の海遠征
その後8月までは撮影できませんでした。
8月のお盆休みに2回の山遠征をしました。
ようやく10月、11月に小屋での撮影を再開できました。それも、体調を維持するために、徹夜での撮影は控えていました。
そんな中での撮影でした。

結果として形となったのは3作品となります。
東亜天文学会の学会誌の天界2月号の表紙になりました。
これは、豪州遠征のお世話をしただいている香川のA氏と知己なったことが理由になるかと思います。2月号の表紙で、そのころベテルギウスの減光が話題となった時期でした。撮影は2019年の秋で、減光の前でした。

Tenkai202002.jpg

2月の海遠征で撮影したものが、天文ガイド6月号に採用されました。Tenga2020_06.jpg
この火球は、その後の同時流星の観測記録から、詳細が明らかとなりました。

2020年天文ガイド11月号に、お盆の山遠征で撮影した銀河アーチを採用してもらいました
Tenga202010.jpg

お盆休みに、亡き母がくれた快晴の満天の夜空ではなかったかと思います。

その後は秋にテストを兼ねた撮影をしましたが、フィルターを加えて、ツイン撮影をしたりして、淡いものを描出する様にしたのですが、少し限界を感じました。
ミラーレス一眼を導入することも考えたのですが、撮像が昔と比べてより簡単にできるようになったCMOSカメラを選択しました。
2021年の目標は、CMOSカメラ撮影とPIでの画像処理を進めることになります。

今年も、忘備録のようなブログですが、よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者カウンター

月別アーカイブ