FC2ブログ

記事一覧

久しぶりの太陽の塔

連休2日目は、大阪の千里のほうで研修がありました。伊丹をおりて、モノレールの乗り場までいくと会場の近くに万博記念公園があります。1970年の万博に行ってから、一度も訪れたことがありません。午後からの研修だったし、天気も良いので、散策に出かけました。広い会場は、そのまま広大な公園となっております。連休のせいか、大勢の家族連れやアベックも来ていました。入場料250円も大阪にしては、良心的なお値段です。

太陽の塔正面像



1970年当時、中学1年生でしたが、この塔には興味もなく、へんな顔の巨大な塔というイメージでした。今は、正面ゲートを通ると広い芝生の向こうにどっしりと立つその塔は、何か元気をくれるようなかんじです。40年前とは違う印象でこの塔を見ることができました。

太陽の塔背面像



逆光となる背面像には、黒い太陽が描かれています。過去の顔とのことですが、天文ファンには皆既日食のイメージとして感じられます。
広い会場には、国立民族博物館や日本庭園などがあり、時間の都合で日本庭園を散策して、午後からの研修に行きました。

連休の中日をこのように過ごして家に帰ると21時です。空を見上げると快晴です。用事があるときに、良く晴れるというマーフィーの法則のようなものがあります。月の出は23時30分ということで、焦ってEM200を車に積み込んでいつものポイントへ。セットアップをして時計を見ると22時30分となりました。とりあえずすばるを入れて、PHDのCalibrationを開始、いつもの感じです。
オートガイドがスタートしました。グラフを見てみると、DEC側が少しふれが大きいようです。デフォルトの設定のままなので、まずはこんなものと思いました。あわてていたのでフォーカスが少し甘くなり、ここに出せるような写真にはなりませんでしたが、パラレルでのオートガイドのテストは上手くいきました。今朝は抜けるような青空に雲一つありません。今夜の予報はすでに下り坂。ふだんの私の行いが悪いのでしょうかorz.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

シルバーウィーク・・・
大阪行った時に時間なくて・・・
見れなかったけど・・・
こんなのですね!

No title

ショベルさん、こんにちは。
太陽の塔の背面は、忘れていました。こんな黒い太陽でした。

No title

おお 万博公園!!
お隣の箕面に住んでいたので良く行きましたね~
例の事故で倒産・閉園になったエキスポランドへも何回行っただろう。
ジェットコースターとか観覧車良く乗りましたね。
太陽の塔の中は、当時進化の木??なんてのが有った記憶があるのですが、う~ん懐かしい。
それと、肝心のEM200ガイドテスト成功、おめでとうございます。
これから楽しみですね~♪

No title

1970年、私はまだこの世にいません・・・
大阪は何度か行くのですが、まだ見たことがないのですよね、太陽の塔。
どうも仕事がらみでしか行かないもので、ゆっくり時間が無いのです。

No title

ふぶぶさん、ありがとうございます。
昨日は、こんな一日となりました。少し息抜きができました。
77EDのガイドは、楽勝でした。R200SSは、もう少し準備をしてからと思ってます。

No title

たまご屋さん、こんにちは。
大阪万博はすでに、40年近く前のイベントですよね。
50代以降の人にはすごくインパクトのあるものだったと思います。あのとき想像した未来が、実現したものもある一方、変わらないものが多いような気がします。

No title

私も先月の連休に行ってきました。

あの塔はずっと保存しておいて欲しいですね。昔のように中に入れたらいいのに。

No title

NISDSさん、こんばんは。
あの塔の中には、入れたんでしたっけ。たぶん入れなかったのでしょうか?覚えがありません。
太陽の塔は、巨大ですが、岡本太郎の立派な芸術作品ですよね。公園のシンボルとして、大事にされているように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ