FC2ブログ

記事一覧

Pentax FA35mm/F2でのOrion


EF35mm/F2と同じくらい、気にいっているレンズです。少し絞り込んだら全域本当にシャープな星像となります。F4でも十分シャープなんですが、少し淡い星雲を強調するため、できるだけ星をシャープにしてみました。

撮影データ:Canon EOS50D (Central DS改)ISO1000 FFなし
Pentax FA35mm/F2 絞りF4と5.6の中間 露出時間 10min x5

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

これはまた懐かしい構図ですね。
子供の頃標準レンズで撮ったオリオンはいつもこういう写真でした。
PentaxのレンズをCanonに取り付けられるんですね。知りませんでした。私も手持ちのレンズを取り付けてみたいです。

No title

昔のフィルムの一眼の定番の構図ですよね。
PentaxのレンズをCanonにつけるアダプターは以下にあります。
http://homepage2.nifty.com/rayqual/pk_eos.html
または
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/eos-pk.html
わたしは、安いほうを使っていますが、特に問題はありません。Kマウントレンズは、絞り連動爪がありますので、LPS-V3やLPS-P2などのFF方式のフィルターとは干渉します。

No title

針でつついたようなシャープな星像ですね。
私も同じレンズ持っていますが、沢山撮ろうと欲張り、F3.4くらいで使う為か、星が太ってしまいます。

No title

ポンコツじじいさん、こんばんは。
Kマウントレンズにも、好きなレンズがいくつかありますので、撮影しています。本当にEFマウントは、アダプターを介していろいろなレンズが使えて、私にはとてもうれしいシステムです。
基本的に、こういう針でつついたようなレンズの描写が好きです。ソフトンも買ったのですが、どうも私には向かないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ