FC2ブログ

記事一覧

昨夜のナローの結果1


昨夜は、上弦過ぎの明るい月が煌々とした夜でした。透明度は良いのですが、さすがに天体撮影には、厳しい条件かと思います。12nmのHαフィルターを使っても、画面はかなり明るくなってしまい、淡い散光星雲を写すには、かなり厳しいと思います。
明るい星に大きな暈のようなゴーストが出ます。とりあえず、昨日のOrionの結果をアップしておきます。

撮影データ:Canon EOS40D(Central DS改)ISO800 Astronomik H-alpha 12nm FF使用
Micro Nikkor 55mm/F2.8 絞りF4 露出時間 25min x4

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

Astronomik Haですが、残念ながら輝星ゴーストが発生します。ですので、ゴーストをなくしたいのでしたら、BaaderとかAstrodonのHaがお勧めです。デジ一だと半幅値が小さくなるので、より長時間必要になってしまうため悩ましいところですが。

No title

バーナードループも見事に写っており良い感じですね。
まっくんさんが仰ってるように出ますね、わたしのフィルターも盛大に出てくれます(笑)
わたしはアクセントと思うようにしていますが、、、

No title

まっくんさん、コメントありがとうございます。
デジ一での、Hαの撮影のトライですが、撮影時間が長いのがつらいです。冬場の冷却一眼なので、ほとんどノイズは出ないのですが、やはり一対象で2時間~3時間かけないと、良い画像にならないと思いました。

No title

ふぶぶさん、こやつは時間がかかって大変ですね。
自宅で放置睡眠撮影じゃないと、少しつらいかなと思いました。これは、4コマでしたがそれでも少しノイジーでした。
この後2つほど撮影したのですが、反転処理で2コマずつとしました。月夜のトライアルとしては、こんなものでしょうか?

No title

煌々と輝く月がすぐそばにあったと思いますが淡い部分まですばらしく出ていますね。
オリオン全体がHαに包まれているのがよく分かります。
魔女はHαでも輝いているのですね、存在が分かりますね。

No title

水素は時間がかかりますね、それにコマ数が少ないと荒れてしまします。わたしも4枚で終わらせる事が多いですが、ホントは8枚とか12枚撮ったほうが良さそうです(わたしの経験値です)。
その上デジ一だとモノクロCCDより感度が低いので大変です。
月夜のトライアルとご謙遜されていますが、お見事な出来だと思いますよ。

No title

T-Fixさん、ありがとうございます。
魔女は青白いのですが、Hαの成分もあるみたいです。この撮像の使い方は、月夜の慰めとするか、さらに応用するか難しいところです。時間が通常の何倍もかける必要があるのが一番のネックです。

No title

ふぶぶさん、画像を見ましたが、やはり冷却CCDのほうが相性が良さそうですね。一眼では、かなり厳しいと感じています。
でも、幸い2台体制で撮影できるので、チャンスがあれば、新月期のナロー長時間放置での撮影もトライしてみます。

No title

月もあまり離れていなかったようですが、しっかり写ってますね。
Astronomikはゴーストがハデめに出ちゃいますけど、もうすっかりなれました、冷却CCDのフィルターも同じですので。

No title

たまご屋さん、こんばんは。
ナローは、月夜の楽しみですけど、なかなか撮影には根性が必要ですね。軟弱な私には、少しつらいものがあります。
ゴーストは、まあこんなものかと思えばそう気になりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ