FC2ブログ

記事一覧

おおいぬ座の散光星雲(ナローその2)


昨夜は、一枚目のオリオンで2時間かかり、その時点ですでにシリウスは南中を過ぎてしまいました。冬の夜長とは言え、比較的低空のおおいぬの撮像に適した時間はあまり長くありません。
ほんまかさんのブログでおおいぬの腹付近をR64フィルターで強調したHαの写真があり、「GENTAさんどうですか」というような記事があったのですが、私もトライしてみました。
しかし、ファインダーが使えないので、自動導入となります。どこをセンターにするかもう少し事前の撮影計画をねらないといけません。
時間がなくて2枚の画像のコンポのみで、そのままだと酷いので反転強調としました。濃いところが外れてしまいました。SuperStar IVとモザイクソフトをうまく利用して、撮像中心をちゃんと登録しておくべきでした。今後の撮影計画を立てる際は前もって入念に構図と位置を確認すべきと反省しています。

撮影データ:Canon EOS 40D(Central DS改)ISO800 Astronomik H-alpha 12nm FF使用
Voigtlander 90mm/F3.5 絞り開放 露出時間 25min x2, SI6で画像処理

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

的を外してしまいましたね。
でもそのおかげで、けっこう広がりのある星雲だということが分かります。
これは面白そうですね。90mmという画角はフルサイズの135mmと同じですからこの画像は非常に参考になります。でも今年はもう厳しそう。来年じっくり撮影してみたいですね。

No title

Nikon1957さん 私の替わりにありがとう(~_~;)
私のところでは、ここは撮れないです。木にかかってしまうんですよね~。
今年の10月頃なら林道閉鎖前なので天竜の森で狙えそうです。Nikonさんと、ほんまかさんのを参考にして撮影計画を立てておくことにします。

No title

NIkon1957さん、なかなか淡そうですね。私も撮ってみたいと思いますが、オリオンやIC2177あたりのメジャーなところで精一杯です。

No title

ほんまかさん、こんばんは。
見事にはずしてしまいました。このあたりから、下方のガム星雲にかけて、赤いのがうじゃうじゃですので、チャンスがあれば撮影したいと思っています。

No title

GENTAさん、こんばんは。
いえいえ、GENTAさんの代わりには到底なりえませんが、Hαフィルターとカメラレンズや一眼との相性を確かめる目的で撮影しました。ナローバンドなので、色収差はなく星像の悪化もありませんでした。明るい星のゴーストと長時間の撮影以外は面白いです。ほんまかさんのブログも参考に使い方を考え中です。

No title

Rつさん、こんばんは。
月のない好天の夜は少なくて、思う対象をとるのに精一杯です。秋の天気が悪すぎて、まだオリオンの撮影からまだ抜けられません。次の新月期にはわしやバラやコーンなどを撮影したいと思っています。
今回は、テストなので、ふだん撮ってない淡いものを試してみました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ