FC2ブログ

記事一覧

満月期しばし休憩


満月期ですが、今夜は外は良く晴れているようです。
さすがに明るすぎるので、ナローをするのも少しためらわれます。
今月も残りわずかとなりましたが、正月明けは多忙で、そんな中なんとか撮影に2回出かけることができました。EM200(AGS-1X仕様)によるオートガイド、自動導入も、なんとかめどが立ちほっとしています。

しばらく、レンズのことを忘れて手を出さずにいたのですが、またぞろ試したいレンズがあります。
とりあえず資金調達のため、使う予定のないレンズを放出予定です。

FA28mm/F2.8は、隠れスターレンズということで入手したのですが、私の入手したのは天文向きではないようであったので放出です。SIGMA28mm/F1.8は、明るさにつられて入手したのですが、これも天文向きとは言えないようです。
これで、少しは資金調達になるかも。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

う~ん、次にお買いになるレンズは何でしょうか?
私はEF135mmF2Lかと思っていたのですが手放されるレンズを拝見すると広角ですか?
私はEF28mmF1.8を買う時SIGMA28mm/F1.8とどちらにしようか悩みました。
EF28mmF1.8は周囲の星像の流れがひどく天文向きで無くがっかりでした。SIGMA28mm/F1.8にすればよかったと後悔したのですがやはりこちらもあまり天文向きではなかったのですね。

No title

星向きのレンズ選びは難しいと言うか、実際に撮影してみないと分からないので、使用してる方のレポートを待つしかないんですかね~
一般撮影であれば、Photozoneや雑誌のCAPAなんかで歪曲や解像度なんかも分かるんですが...

No title

T-Fixさん、こんばんは。
とりあえず、EF135は買う予定にしています。次は、広角系を狙っているのですが、これが難しいです。高いレンズが良い確率が高いのは、わかっているんですが、予算も厳しいし、それでは面白くないので、まずは使わないレンズを整理してからです。

No title

ダイナさん、こんばんは。
レンズ選びは、とても難しいです。評価本やPhotozoneも参考にはしていますが、解放付近の点像の周辺像は、レンズにとっては最も厳しいところですよね。製品の当たりはずれもあって、くじ引きの気分もあります。

No title

FA28mmもシグマ28mmF1.8も往年の銘レンズですね。銀塩の頃は流星写真に重宝したことと思います。
デジタルになるとやっぱりちょっと厳しいんでしょうね。

レンズの星への適正は今のところ使ってみないと判らないですねぇ、解像度も点光源でないと参考にならないでしょうし。
新製品レンズが出ると、各社雑誌にも中央と四隅のスターテストを掲載して欲しいものですね。でもそれには今より数倍も数十倍も天体写真がメジャーなものとして認識されるようにならないとダメかなぁ・・。

No title

ふうまさん、こんばんは。
星に向くレンズとはと考えると、コマ収差や色収差の少ない、周辺部でも星は星らしく点にうつるレンズかなと思っています。そういうレンズは、MTFなんかも良いようです。
実際のところは、F4ぐらいが実用的な絞りですし、APS-Cまでということであれば、必ずしも超高額レンズでなくても、良いレンズはあるはずと、あれこれ試しています。でも、最近のデジカメの解像度に追いつく広角レンズは少ないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ