FC2ブログ

記事一覧

御用納めで、一年を振り返り -PART1-

今年一年は、たくさん撮影も出来たし、成果も挙げることのできた一年でした。

その大きな基礎は、昨年末に改造して自動導入可能となったk-ASTECさんのとことで生まれ変わったEM200(AGS-1X仕様)が大きかったです。それまで苦労していた、長焦点でのガイドや暗い天体の導入の苦労がなくなりました。短い時間でも、撮影ができるようになり、色々な対象を楽しむことができるようになりました。

撮影回数自体は、短時間を含めて41回です。徹夜で撮影できたのは、やはり数回しかありません。星降る夜は、貴重であると実感しています。また、近くで撮影できる地の利を感じています。

天文誌には、計7回掲載していただけました。
星ナビ2月号:対日照とオリオン座流星群(Sigma 10mm)
星ナビ3月号:宇和海に浮かぶカノープス(Zenitar 16mm)
星ナビ6月号:昇る夏の銀河(
Zenitar 16mm)
星ナビ8月号:さそり座尾部(Sigma 70mm)
天文ガイド9月号:Pipe Nebula (EF 200mm)
星ナビ10月号:夏の銀河2010(Sigma 10mm)
天文ガイド12月号:愛媛から見えたアケルナル(Voigtlander 90mm)

すべてカメラレンズでの入選でした。それも魚眼での入選が4回となりました。でも、他のレンズでも入選できるようになり、とてもうれしいです。
未だ、直焦点での撮影の入選にはいたっておりませんが。これは来年の課題としたいと思っています。

今年の自分のベストショットは星ナビ9月号に掲載されたさそり座尾部です。




来年も、晴れた条件の良い夜を逃さずに、良い写真を撮りたいと思っています。
次回 -PART2-は、物欲の記録というか軍拡の記録というか、今年導入した機材についてまとめてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今年は7回も入選されてすばらしい年になりましたね。
NIKON1957さんがベストショットに挙げられたこの画像を見て、中望遠マクロがほしいと思ったのを覚えています。他の物を優先してまだ買ってませんが… 来年には買いたいと思います。
四国からのアケルナルを制覇されたので、次は南十字γ星ですかね?

No title

今年7回の入選おめでとうございますと同時にお疲れ様でした。

それにしてもこのベストショットは素晴らしいですね。やっぱり空の暗さがひしひしと伝わってくる作品だと思います。
今年はいろんな物を買われたようですので、来年の大活躍をお祈りしています。

No title

7回の入選はすごいです!毎号Nikon1957さんの画像が掲載されている感じでしたね。
この山の稜線までくっきり写った画像は素晴らしい物ですね。
徐々に焦点距離も伸ばされ来年のさらなるご活躍が目に見えるようです。

No title

ちょくちょく入選されているとは思っていましたが、数えてみると、7回ですか。それはすごいですね。
私はNIKON1957さんの作品では魚眼の天の川が好きですね。星ナビ10月号みたいの。今年は背景の色に深みがでて、さらに味わい深い仕上がりになりまたね。この作品を初めて見たとき、ちょっと衝撃でした。すかさず、この色を真似してみようとしましたが、できませんでしたね。あまり意識はされていないと思いますが、作品の数を重ねていくうちに、だれも真似できない表現方法というのが身についてくるんですね。

直焦点っていうか、星雲星団部門はやはり難しいですよね。私も来年この部門に参入しますが、お互い頑張りましょう。

No title

え、ええっ?、あのアケルナルって、NIKON1957さん撮影のだったんですね。「へぇー、愛媛からもがんばってる人がいるんだぁ」ぐらいに思ってたのですが、こんなところで交流することができることになろうとは…へへぇ~っ(ひれ伏している)
いや、先日ふにゃ太郎さんとお話した時に「天ガとかに載ってる人の多くは結構知り合いだよ」という話を聞いてたのですが、なるほどなるほどです。
また、色々教わりに来ます~

No title

てげてげさん、ありがとうございます。
ようやく、自分のイメージが写真に反映されてきたように思います。しかし、それも撮影条件のよさに負う所が大きいです。
また、自分なりに色々とレンズを物色しては、天文に向くレンズを見つけるのが楽しみの一つですが、もう少しでラインアップ完成というところです。ガクルクスの南中時は、寒い時期が多くて1500mのところには、なかなか行けそうもありません。

No title

カムイミンダラさん、ありがとうございます。
カムイミンダラさんも、デジタルに移行しても、相変わらず素晴らしい画像を連発されており、いつもすごいなーと感心しています。南国ならではの作品をめざして、来年も頑張りたいと思っています。

No title

T-Fixさん、どうもありがとうございます。いつも、あたかかいコメントをいただき、どれだけ励まされていることか。
今年は、夏の銀河が昇ってきてからは、広角撮影を主にできるだけ投稿をしてきました。同時に直焦点での撮影をたくさんしましたが、作品レベルにまでは達していませんでした。来年は、もう少し精進して、直焦点でも入選レベルになりたいと思っています。しかし、これはハードルが高いんですよね。

No title

ほんまかさん、こんばんは。
ほんまかさんに、ほめていただくととてもうれしいです。ほんまかさんの画像処理講座はとてもわかりやすくて、画像処理のレベルは、少し上がったと実感しています。
背景の色は、多分四国の暗い空と好条件の夜での撮影が出ているのだろうと思います。

No title

玄さん、こんばんは。
鹿児島にも、ブログを通じで、仲良くさせてもらっている方がいます。ふにゃ太郎さんとは、たぶんブログでいつも励ましあっている方のことだと思います。
この趣味に復帰して、どんどんその魅力にはまり5年です。玄さんも、是非楽しんでください。

No title

改めて入選履歴数えてみると7回ですか。いや~素晴らしい!
一時期は毎月Nikon1957さんの作品が掲載されてましたから、もっと多いのではとも思ってしまいます。
それにしても自動導入は本当に楽で撮影効率が格段に上がりますよね。僕もこれのおかげで随分助けられました。
来年こそはNikon1957さんのような広角の作品にチャレンジしてみたいと思ってます。

No title

くっしーさん、こんにちは。
基本的に銀河のある時期が活動時期となっています(笑)。
くっしーさんの作品のすばらしさに負けないような直焦点を撮りたいと思っています。機材や撮影条件の良さを生かした撮影ができると、本当に良いですね。
カメラレンズでの撮影の楽しさや対象があることを、少しは宣伝できたのではと思っています。でも、直焦点も頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ