FC2ブログ

記事一覧

へびつかい座からさそり尾部

昨年撮影したさそり尾部と先日撮影したへびつかい座の暗黒星雲をPhotomergeで合成しました。本当は、さそりの心臓と合成する予定でしたが、同じ露出時間でもなかなか調子が合わずに難航しています。昨年のものとは、すんなりと合成可能でした。

これくらいの焦点で天の川の中を少しアップで撮影するのは、カメラレンズ派にとって、もってこいの対象と思います。今年も、もう少し撮りたいところがあります。人気のない領域に新たな発見があるかもとわくわくしています。




撮影データ: 
上半分Canon EOS50D(Central DS改) ISO800 HUIB FF使用
Sigma Macro 70mm/F2.8 絞りF3.5 10min x4
下半分Canon EOS40D (Central DS改) ISO800 HEUIB FF使用
Sigma Macro 70mm/F2.8 絞りF3.5 10min x4

先週はずっと腰痛と風邪で体調不良でした。週末なんとか、QSIのテストをしようとMaximLEやドライバーをインストールしたのですが、Maxim LE License Information sheetなるものが同封されておらず、Maxim LEを起動できず、がっかり。しかし、K&Rさんから、30日使用版のMxim DLがあると教えていただいて、とりあえず動作確認までできました。
来る連休、新月期に備えて、機材の調整や体調に気をつけて、頑張って仕事をせねばと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

これは素晴らしいモザイク画像ですね!
Nikonさんの画像を拝見していると、欲しいレンズが次から次へと現われ、どうしていいか分からなくなってしまいます。
とりあえずGWは、今あるレンズ(キットレンズですが)で、どの程度写るものなのか検証して決めたいと思います(^^ゞ

No title

体調は大丈夫でしょうか?
カメラの画素数が違ってもとても自然にモザイクが出来るんですね。
漆黒に浮かび上がる南天の出目金が気持ち良さそうに泳いでますね♪

No title

ダイナさん、コメントありがとうございます。
このレンズは、きわめてコストパーフォンますが高いレンズと思います。なぜか、マクロは良いレンズが多いです。私は、貧乏症なので高価なレンズは使っていません。Lレンズでも中古で入手したものばかりです。

No title

シュミットさん、どうもありがとうございます。
風邪は抜けてきたのですが、腰痛は今回は長そうです。
画素数が異なる場合も、なんの問題もなくモザイクしてくれました。Photomergeは賢いです。次回はもう少し南まで伸ばしたモザイクをしたいと考えています。

No title

腰痛はツライですね。私も一昨日からちょっと腰がやばくなっております。何時の間にかQSIが増えている。
このモザイクも凄いですね。

No title

NGCさん、おはようございます。
座ってデスクワークをすること自体が、腰に負担をかけています。歩いているほうが痛みが少ないです。後は、おさまるまでは、無理しないようにします。

No title

おぉ~素晴らしい作品ですね!!雄大な天の川が迫力あって、素晴らしいです!!
おまけに、えぇぇ~カメラ上下で違うんですかぁ!!
それでも一発で合成しちゃうの??凄いなぁ、、、
素晴らしい意欲作にぽち!!

No title

UTOさん、コメントとポチありがとうございます。
天の川の一部をこれくらいでしっかり撮影するのも、とても面白いと感じています。デジタルカメラでの可能性はまだまだあると感じています。
と言いながら、冷却CCDにも手を染めたのですが、もう少し時間的な余裕が必要です。今年の夏は、冷却1眼と冷却CCDを同時平行で撮影できたらと準備中です。

No title

腰痛は気を付けてください。
腰をやってしまうと重い赤道儀など移動する時に大変でした。

チョロチョロお邪魔していたのですが、コメントを残さずにすいませんでした。
レンズ選びの参考にするならNikon1957さんの所だと思いまして過去ログまで拝見させていただきました。
観測所が完成するといいですね。セットアップと撤収の手間が省けますね。

No title

matakichi6さん、こんにちは。
今回は少し長く腰痛で悩まされています。座り仕事が原因なのですが、これをしないとおまんま食い上げなので、だましだましやっています。
観測所計画は、腰痛対策でもあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ