FC2ブログ

記事一覧

あれこれその後

観測小屋のほうは、電力会社と施行業者の間で電気の引き込みで協議中とのことで、少しもたついております。これが解決すれば、どんどん進捗するのですが・・・

QSI583WSのほうは、忙しいのと腰痛で、なかなかカメラを試してみる時間がとれません。
QSIには、QSIのほうからEOSマウントアダプターが用意されているのですが、あまり評判は良くありません。そこで、今回しばたさんにBORGF4DGの接続環を作成してもらったのとおなじく、QSI用の接続リングなどを作成してもらいました。中国製の接写リングを利用したEOSマウントと薄いアダプターをしばたさんに作成してもらいました。QSIのTマウントは厚いので、カメラレンズで無限遠がでるような薄型のTマウントです。




スコープタウンの黒魔術でゴースト対策しました。



QSIの撮影用にとりあえず、Maxim LEを購入しました。DLに比べて、かなり制限があり、画像処理には不十分ですが、撮影には十分な機能を持っています。
しかし、バイアス、ダークなどの言葉や、フォーカスなどもかなり一眼とは異なり、慣れるまでは大変そうです。
あわてずに、ゆっくりと勉強しながら使っていこうと思います。

連休は新月期になりますが、お天気が気になります。なんとか晴れた一夜に思い切り夏の銀河を撮影したいものです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

私もしばたさんにMoravianのカメラマウントご相談しようかな。
カメラレンズ用にあと2ミリ伸ばしてみたいんですよね。基本は3mmフィルターになっているようですが、私はASTRONOMIKにしたので、1mm厚なので。2mm光路長が合わないのです。最近のIFとかFREEとかレンズ群がばらばらに移動するレンズをきっちり使うには、無限遠にしっかり合わせないといい像を周辺まで結びませんからね。

No title

観測小屋にQSI583WSと今年の夏の銀河の撮影はすごいことになりそうで、とっても楽しみにしてます。
しばたさんはどんなお願いも実現してくれるので、心強い見方ですが、それに加えて黒魔術があれば、完璧ですね。
これ使ったことがないのですが、ネジ部なんかも塗っても簡単には剥げたりしないんですか?

No title

観測小屋に早く電力が繋がればいいですよね~
柴田さんはみんなのオタスケマンですね(笑)

No title

暗黒物質入りの塗料ですか凄いのが有るもんですね!覗いたら吸い込まれてしまいそう!!

観測小屋に冷却CCDですか~凄い作品期待して待ってます。
こちらはオートガイダー導入すべくガイドCCDを何にするか迷い中です。冷却には手が出無いので(T_T)

腰痛大事になさってください!
私も腰痛持ちなのですが整体行っても骨が腹側にずれてるので直しにくいそうです…(T_T)

No title

NGCさん、こんにちは。
フィルター厚で、少し光路長が変わってきますが、そのあたりの事もよく考えてくださって作成していただけました。
ファーストライトまでは、しばらくおあずけですが、本当に楽しみにしています。

No title

Eagleさん、こんにちは。
撮影環境を整備して、稼働率をアップしようともくろんでいます。
黒魔術自体は結構はげやすいので、ネジの部分はダメでしょう。
とりあえず、2度塗りくらいしたら、真っ黒になってくれ、ゴースト対策になったと思います。

No title

adonoanさん、バッテリーを持ち上げるだけの足腰でなくってきました(笑)。ようやく、腰痛もピークを過ぎてきて、椅子から立ち上がるときに、気をつけなくても良くなってきました。
しばたさんには、パーツの事では細かいやりとりを含め、本当に丁寧に対応していただいています。

No title

ぽるこ・びあんこさん、こんにちは。
オートガイダーは、選択枝が色々とあって悩みますよね。うまくできはじめると、これまでの苦労はなんだっのかと、違う世界が開けると思います。頑張ってください。
今回結構きてましたが、ようやく星を見にいくくらいの元気になりました。

No title

黒魔術、上手く塗れたようですね。
普通の艶消しですと、厚塗りになった部分は「テカリ」が出てしまいますが、この塗料は2度塗り(厚塗り)しても、乾けば艶消しになる所がスゴイと思ってます。
ネジ部に塗っても何かを捻じ込まない限り剥げないと思いますが、フィルターなどを捻じ込む可能性の有る場所に塗ると、ネジ山が潰れてしまうので逆に塗れないかな~と思います(^^ゞ

No title

ダイナさん、おはようございます。黒魔術は塗りやすかったです。
上手くではありませんが、つや消しの状態になってくれたので、ゴースト対策はできたと思います。
ねじ込むところは、塗れないと感じていますが、内面に出てこないので大丈夫と思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ