FC2ブログ

記事一覧

カシオペアいろいろ

カシオペア座をどうとるか?

画角の差やフィルターで、少しずつ写り方が異なります。
2009年にLPS-V3をMicro Nikkor 55mm/F2.8で撮影したものはこうなります。




LPS-V3だと淡いH-alphaが高コントラストになり、星は肥大しません。これは、これで面白いです。

次は、2010年にカミソリマクロで撮影したものです。このときは、透明度が良い条件の良い夜でした。FFなしです。




このシャープさ本当にここ一番で使いたいレンズです。少し青い成分が増えるのは、ノーフィルターのおかげです。

さて今回の晴れ間に、HEUIBを入れて、EF100mm Macro 2.8 USMで撮ってみました。ピントの山をどこにするか、まだ十分わかっていません。



撮影データ:Canon EOS50D(Central DS改) ISO800
EF100mm/F2.8 Macro USM F4 12min x2
今回の撮影では12minnx2ですが、少し写りが悪いのは透明度とフォーカスのせいかもしれません。

透明度の良い夜に、カミソリマクロで、しっかり撮影しなおして、淡い部分や暗黒星雲を強調した画像で、もう一度狙い直してみます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

2枚目のカミソリマクロが好みです。
わたしも撮ってみたいのですが、北は街明りが厳しくって絵になりません。串本だと大丈夫なんですが、、、ちょっと遠い。
撮り直しの作品、楽しみですね。

No title

カミソリマクロ良いですね~。
EF100/F2.8もF4にすると星が☆型になって構図の取り方次第で面白い絵が出来そうですね。
関東は星景写真を撮る晴れ間もなくて全くお手上げです。

No title

ふぶぶさん、おはようございます。
ここは有名な星座で平凡そうですが、条件次第で色々と出てきそうです。条件の良い夜に、十分な撮影をしたいと思っています。

No title

シュミットさん、おはようございます。
カシオペアは、70mmでねらうことにしました。少し絞って、青ハロを出さないようにして、十分な露光をすることにしています。
関東方面も、太平洋高気圧の回復で天気が戻ると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ