FC2ブログ

記事一覧

鷹の爪

昨夜は、天気予報は晴れでした。星空指数も高く、少し期待していました。GPVでは雲量が多くて、撮影は難しいかなとも思いましたが、観測小屋用のPCの設置などで、出かけました。
やはり撮影できるような空ではありませんでした。中古ですが、少しパワーアップしたPCで自動導入、オートガイドのテストを行いました。
K-ASTECさんのところでE-ZEUS使用に改造したAGS-1Xで、SuperStarIVを使い導入します。ところが、導入がうまくいかず、どうしてかと思い、思い出したのがE-ZEUSのモーターステップの入力を忘れてました。気がついて良かったです。
QSIも、なんとか接続して、フォーカスを出す練習をしました。ぴんたんさんのPintAideをぶっつけ本番で試したのですが、使えそうです。

空は、雲がとても多くて、湿度も高く、ルーフにびっしりと夜露が降りていました。台風からの湿った熱い熱風のせいかと思いました。台風一過のスカッとした空が無ければ、この新月期も空振りに終わりそうです。

鷹の爪というと、トンガラシや貝(カメノテ)を思い出す方もあるかもしれませんが、この秋のねらい目の一つがとかげ座のSh2-126で、通称は鷹の爪なんて言われています。
2009年に70mmで撮影したものを、再処理して構図の参考にしました。周りには、淡い分子雲のようなものも漂っています。かなり、淡くて難物なので、透明度の高い夜に十分な露出時間をかけて撮影したい対象です。



撮影データ:Canon EOS40D(Central DS改)ISO800 LPS-V3 FF使用
Sigma Macro 70mm/F2.8 絞りF3.5 14min x4
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ここもNGC6726と同じく3年前から狙っています。
南天低空のNGC6726に比べれば撮影チャンスはたくさんあるはずなのですが、なかなか成功しません。
この画像を見ると、中央から左に分子雲が伸びているようで、とても興味深いです。

No title

GENTAさん、こんばんは。今日で8月も終わりで、まだまだ暑いのですが、夜空はいつの間にかに秋の対象のシーズンになりましたね。NGC6726も、今年はまともに撮ってやろうと思っていた対象ですが、チャンスが少ないですね。
このSh2-126は長い期間撮影できるので、まずは200mmくらいでねらってみようと思っています。台風一過に期待というところです。

No title

台風は大丈夫でしょうか?

とかげ座にこんな大きな星雲があるのですか。はじめて知りました。中望遠で狙うとよさそうな大きさですね。

No title

てげてげさん、こんにちは。
台風は、四国東部を横断中の様ですが、進行方向の西側の当地では、雨や風とも、それほど強くありません。徳島、香川方面、関西方面が結構雨・風が強くなっているようです。
この星雲は大きいのですが、とても淡いので難物の一つです。アップでの作品は、時に天文誌で見ますが、この画角での作例は見ないです。

No title

このあたりは赤以外のガスも点在しているようですので、ちょっと興味深い領域でもありますね。
200mmくらいのアップでしたらちょうど良い感じになると思います。早く見てみたいです。

No title

kamuimindaraさん、コメントありがとうございます。
ここは、とても淡いのでLPS-V3で攻めるか冷却CCDでいくことなりますが、とりあえず使い慣れた冷却一眼の方で撮影してみます。
月が大きくなってきて、月末まで待たないと、無理みたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ