FC2ブログ

記事一覧

お天気の悪い週末にさえない写真

今週の火曜に撮影した分を処理しました。

BORG125SD+1.08Xフラットナーでししトリオを撮影しました。ガイドのほうは特に問題なく、PHDのガイドグラフは安定していました。しかし、1.08Xマルチフラットナーは、画面左で少し星が流れ、おまけにフォーカスも甘いようです。たまご屋さんのししトリオを見たあとなので、なお非力だなと感じました。また、系外星雲の処理が、よくわかりません。

春は、やはり大人しくするか、早起きするかしかないようです。


撮影データ:Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 FFなし
BORG125SD + 1.08Xマルチフラットナー, 7min x 6
EM200(AGS-1X改) BORG45EDII +DSI-Pro PHD-Guidingでのオートガイド

暖かくなり、花粉の舞う週末で、お天気も気分もすっきりしない週末です。

今年の夏にむけて、再度135mm/F2Lをポチする気持ちになっていましたが、今ある旧マクロ100mmUSMを放出して新Lマクロを入手しようかと考え中です。やはり色収差やコマのないあの星像は魅力的です。旧マクロもとても良いレンズなのですが・・・欲しい欲しい病が発症したようです。

困ったものです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今、出先なので携帯でしかみれませんが、これだけ写ってれば上等ではないですかね。
うちのは140万画素ですが一応冷却CCDですからね。

No title

たまご屋さん、こんばんは。
冷却CCDで撮影すべきなんですが、撮影時間がとれそうもないので、ISO1600にしてデジカメで撮りました。新月期の週末ですが、なかなかゆっくりと撮影できそうもありませんね。
補正レンズは、相性があるような気がします。もう一度チャレンジする余裕はなさそうです。

No title

物凄くよく撮れていますね。素晴らしいです。傑作ポチ。
冷却DSLRと高性能屈折のコントラストと素晴らしい星空あっての作品ですね。

No title

NGCさん、ありがとうございます。
BORG125SDの実力をなんとか引き出したいと思っています。
色々な補正レンズを試したきたのですが、長めの焦点側では今のところ、0.85xDGL(実質0.9xくらいみたいです)のほうが、良さそうです。時間が十分ないとテストもままなりません。
なんとか、良い空の下で思い切り撮影したいと思います。

No title

たまご屋さんのトリオは拝見できていませんが、無理な強調をしていなくてとても自然で美しいと感じます。
このサイズだと左下のスケアリングも殆ど気にならないレベルだと思いますが、やはりハイレベルの皆さんの評価は厳しいんですね。
私なら十分に満足なレベルです。

No title

シュミットサン、おはようございます。
系外星雲の撮影や処理は難しいものと、改めて感じています。BORGの補正レンズはマルチというように、色々な筒に対応していますが、少し相性があるのかもしれません。できれば、もう少し追い込んでみたいようにも思うのですが・・・

No title

おはようございます。

私はこの画像見てえらく感動してしまったんですけど、
さえない写真なんですか…?
う~~、わからない!

私は「わぁ~~~~!!!!」ってなりました。p☆

No title

春の銀河の代表格『ししのトリオ』ですね。自分もFSQで撮りたい対象なのですが530㎜ではちょっと寂しい雰囲気になっちゃいそうです。そのうちエクステンダーを調達して撮影してみたいと思います。この時期はやはり早朝に勝負なのでしょうね。

No title

すばるさん、こんにちは。
それなりには、写ってはいるのですが、機材の性能を十分発揮できていないと思っています。その分、自分のなかではイマイチなんですね。でも、空にこんなのが、あると思うと楽しいですね。

No title

Yujiさん、こんにちは。
得意な分野ではないのですが、この時期は対象が少ないので、テストと練習がてらにとってみました。春の対象で夏の準備中です。

No title

系外銀河の処理は良くわからないです。色も出ないし難しいですね。
フラットナー私も購入しましたがテストするチャンスがないです。
調整の追い込みが必要ですか。
新100LMACROはいいですよ。といいつつ何も出来ていません。

No title

ビスタさん、こんばんは。
なかなかテストできないまま、放置していたのですが、今回テストできました。まだ、追い込みが必要かもしれないのですが、安定したお天気に恵まれません。
新100Lマクロは、本当によさげですね。物欲を抑えることができません。お天気が良くならないと、早晩ポチしてしまいそうです。

No title

私には解像度や星像は十分に感じます。
銀河の色はデジ一で通常の処理をした場合出にくいですよね。
LとRGBに分けて処理すると出やすいかもしれません。
新EF100mmマクロですが、もしかしたら欠点があるかもしれません。よっちゃんさんの記事を拝見して以前の画像を検証した所デジ一では普通に写っていたものの冷却CCDに取り付けた場合二枚に一枚ぐらい飛び跳ねた星像になっていました。私の場合ガイドミスという懸念も捨てきれないのですがどうもよっちゃんさんが仰っているようにISが完全にロックされていない気がします。あくまでアダプターを介して冷却CCDにつけた場合でEOSカメラで使う場合は問題ないようです。

No title

T-Fixさん、コメントありがとうございます。
もう少し挑戦してみる元気がでてきました。次回は超新星が出現したM95あたりを撮影してみます。
EFのISが悪さをする可能性があるのですね。でもEOSなら大丈夫ということで、カメラでの使用を前提に考えてみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ