FC2ブログ

記事一覧

冬物最終

先週の水曜夜に、最悪の透明度の下で撮影した南天ものです。
観測小屋の少し上の南天15度くらいまで見える場所での撮影でした。昼間の抜けの良い青空が、日没後は透明度が急速に低下して、星の輝きがなくなりました。
でも、快晴なので、次回の構図確認のつもりで撮影しました。とも座かららしんばん座にかけての大きな淡い散光星雲です。Gum星雲の一部かもしれません。
LPS-V3で、赤いH-αを狙って撮影しましたが、あまりの透明度の悪さで、低空の写りは最悪でした。でも、らしんばん座の赤いのは(Sh2-312)、なんとか写っています。この新月期に良く晴れれば、南中時刻が9時頃なので、まだ撮影可能と思います。


撮影データ:Canon EOS 50D (Central DS改) ISO1600 LPS-V3 FF使用
Samyang35mm/F1.4 絞りF2.4 6min x6
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ