FC2ブログ

記事一覧

Supernova SN2012aw

昨夜は、快晴が約束された数少ない夜でした。平日ど真ん中のなので、夜半までの予定で撮影に出かけました。
BORG125SDと0.85XDGLでの組み合わせでの撮影をして、1.08Xのフラットナーと比べてみるのが目的でした。
限られた時間なので
撮影対象はタイトルの
①M95の超新星SN2012aw
②ギャラッド彗星
③Face on 銀河 M101、これには超新星がまだ見えているかもと
④Edge on 銀河 NGC4565
いずれもテストがてらなので、冷却60D ISO1600のお手軽撮影でした。

まずSupernovaです



最初撮影すると火星が入ってゴーストがでるので、構図変更して、M96が入りました。
超新星のアップを兼ねた等倍画像です。


撮影データ:Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 FFなし
BORG125SD + 0.85xDGL, 7min x1
EM200(AGS-1X改) BORG45EDII +DSI-Pro PHD-Guidingでのオートガイド

後の写真はおいおいアップします。
印象は、やはりDGLの方がよさげです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

等倍画像でこの星像は素晴らしいですね。
もっと大口径で撮影した画像かと思いました。
他に撮影された画像のアップもとても楽しみです。

私は是非この週末にでもここを大口径で狙って見たいです。

No title

シュミットさん、こんにちは。
今の高解像度のデジ一で撮影すると、一昔前は考えられないような改造度の画像になるように思います。ただし、良質の光学と正確なフォーカスとガイドが必要と思いました。この組み合わせは、そこそこ満足できる画像になっていると思います。
是非とも、シュミットさんも大口径での画像楽しみにしています。お天気が良くなるといいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ