FC2ブログ

記事一覧

NGC4565

エッジオン銀河の代表、NGC4565です。人気があって、色々な方が撮影されています。
非力な私の機材では、こんなものでしょうか?

撮影データ:Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 FFなし
BORG125SD + 0.85xDGL, 7min x4
EM200(AGS-1X改) BORG45EDII +DSI-Pro PHD-Guidingでのオートガイド
参考までに、中心部のPIXEL等倍画像です。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

珍しく系外銀河の写真ですね。
いやいや、ずいぶん良く写ってると思いますが。
この銀河はやはりかっこいいですよね~

No title

adonoanさん、こんばんは。
長焦点での撮影も、たまにはやっています(笑)。ガイドのチェックや、星像のチェックなど、自分の機材の性能を評価できます。
この銀河の細く複雑な暗黒帯が好きです。自分の機材や処理能力では、うまく出ませんが、次回は冷却CCDでも、チャレンジしようと思っています。

No title

このエッジオン銀河美しいですね。人気だというのが分かります。
フラットナーを手に入れたので撮影したいと思っていました。
0.85xDGLはかなりの良像ですね。

No title

流行りの先端(爆、4565ですね~。先日撮影されてたので、画像楽しみにしてました(^^;
等倍で見ると、意外と星像は大きい気がしますね。こうして見ると、R200SSもまだまだ捨てたものではないのでしょうか…?それとも、まだピント等を追い込める…?
ピントあわせって、どうやってます?

No title

RUKUさん、おはようございます。
NGC4565は結構大きいので、撮影のし甲斐がありました。
0.85xDGLと125SDとの相性は、悪くありません。説明書では、40Φで20μ以下となっています。鋭像とまでは言えませんが、私としては納得です。

No title

GENさん、おはようございます。
F4DGやFSQのような例外的な鏡筒もありますが、屈折の直焦はこんなものと思います。
ピントの追い込みはBatinovマスクなんかがやりやすいのでしょう。でも、持っていないので、今度自作してみようかと思います。今回はライブビュー10Xでコール・カロリやミザールといった二重星を利用して、最も星がよく分離したところで撮影しています。

No title

PIXEL等倍でこの画像素晴らしいです。
ピントもガイドもスケアリングも完璧でなければここまで写すことは不可能でしょう。

No title

シュミットさん、こんばんは。
コールカロリを利用したフォーカスで、0.85XDGLでの実力が出たのだと思います。ガイドも、このときは安定しています。
中判ヘリコイド利用なので、スケアリングは安定しているようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ