FC2ブログ

記事一覧

NGC1333

昨年11月に撮影したものですが、全くもって絵になりそうもないので、放置していたものです。
私の手に負える対象ではなさそうですが、今回の満月期の寒い夜に、処理してみました。多くの方が撮影されていたので、お手本はたくさんあったのですが、それに近づけようとすると、画像が荒れてしまいます。
今回はこんなところでギブアップでした。総露出時間は128分でしたが、SNを稼ぐにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

これを撮影するには、自分の処理能力が足りないと感じました。分子雲系の撮影はどうにも苦手です。
でも、せっかく撮影したものなので、自分の記録としてアップします。


撮影データ:Canon EOS50D(Central DS改) ISO1600 HEUIB FF使用
BORG125SD+F4DG 8min x16
EM200(AGS-1X仕様) BORG45EDII+DSI-Pro でオートガイド
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

この星雲の周辺の分子雲は凄く淡いので、撮影時の条件に大きく左右されますよね。この作品は素直で自然な感じで好感が持てます。周辺の分子雲も薄いながら出てますし、もう少し時間をかけ処理を強調すれば更に良くなると思います。

No title

sora-canさん、コメントありがとうございます。
まったくもって自信のない画像で、誰もコメントしてくれないし、少々しょげておりました。
この領域は、今回撮影して、大変難しいと思いました。もう少し明るい光学系と冷却CCDで十分な撮影時間をかけないと太刀打ちできないと感じました。なんとか、雪辱を期したいものです。

No title

すみません、ご無沙汰してしまって。
拝見はしているのですが、なかなかコメントできずにいました。
自分で撮ったことが無いのでわかりませんが、Nikon1957さんの環境で8分16枚で厳しいのですか。
枚数は十分だと思いますので、1枚当たりの露出を伸ばすしかないのかな?

No title

たまご屋さん、こんばんは。
恥ずかしながらのアップでした。ここは、大変難しいと思いました。もう少しコントラストを上げるのには、LPS-P2の方が良かったかもしれません。でも、デジカメだと、相当きつい処理をかけないと出てきません。その処理に耐えうるだけの、元画像と良いフラットなどが必要と思いました。分子雲は、しばらく撮影しないと思います(笑)。

No title

透明感があって、十分、綺麗で作品になるように思います。
構図も絶妙で素晴らしい作品だと思うけどなぁ・・

No title

UTOさん、コメントありがとうございます。
遅れましたが、ご結婚おめでとうございます。また、天文ガイド3月号のご入選おめでとうございます。
淡い分子雲を試してみました。昨年は冷却CCDでIC348をトライしたのですが、今回は主砲125SD+F4DGで、これを撮影しました。とは言っても、自動導入後放置撮影でした。私にしては、枚数をたくさん撮ったので、なんとかしたいと思いましたが、なかなか難しいです。淡い分子雲を出そうとすると、画像が荒れてしまいます。画像処理の勉強になりますが、まだまだ修行が必要です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南天好き

Author:南天好き
霊峰石鎚を東に見ながら、時々星を見にいっては、デジカメで撮影をしています。透明度の良い日には、このお山が、神々しく見えます。そんな夜は、満天の星に出会うことができ、日頃の憂さを忘れ、至福の時を過ごしています。最近は南天の空に会うために遠征しています。(Yahoo Blogのハンドル名はNIKON1957でした)

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者カウンター

月別アーカイブ